24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

自称クリエイティブディレクターの私が、相棒のMacBookPro15inchと共に、Netや新聞、本や、映画で見聞きした、知恵を綴ってまいります。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
地球の名言
知恵の宿る言葉は魂を成長させます。

presented by 地球の名言

楽天ウィジット縦
amazon商品一覧【ビジネス書】
自分を高めるには本が近道
気づきのつぶやき
Twitterで日々の気付きをつぶやきます。
プロフィール

paxs2

Author:paxs2
現在、勝手に社内クリエイティブディレクターとして、これまた勝手に、マーケティング全般を担当しています。主に、WebとDMを中心に活動中。絶対ブルーオーシャン戦略を成功させ、ウハウハ笑いの止まらない人生を送る為、日々ビジネスネタを書いています。時に愚痴も。

欲しい商品がいろいろと
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
29

Category: iPhone

Tags: iPhone  日本  工作機械  技術力  高性能  

Comment: 0  Trackback: 0

日本の匠の技がiPhoneを産んだ、その誇りを持つ。「iPhoneが日本で生まれなかったワケ」日経産業新聞より





CUBETOP


「つかめる!“高画質”CUBE」


H.264 HD超小型Encoder・Decoder


株式会社セイロテレコミュニケーションズ


※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。











utunomiya1110_50_111





iPhoneを作り出した日本の技を誇るべきだ。










今日の日経産業新聞に「よみがえるか日本の電機・iPhoneが生まれ

なかったワケ」という記事があった。iPhoneが日本で生まれなかっ

たワケを、当事者それぞれが考え述べいてる。



その中で、Appleが飛躍した要因の一つが、「Appleの削り」にある

と説く。プラスティックをすれば射出成型で容易に大量生産できる。

しかし、デザインを優先するAppleはそれを良しとせず、行き着い

たのが削りだった。工作機械でで刷り出した筐体は、細部まで求め

る形に仕上がる。



高性能な工作機械で削り、磨くことで、iPhone5の独特の質感や、

エッジの輝きが生まれる。それは内部まで影響し、多くの部品を

薄く小さい筐体に詰め込むため、ねじ穴に角度をつけるなど複雑

な形状を行っている。削りだからこそ出来る事を理解し、存分に

活用している。



しかし、削りには多くの工作機械を必要とする。コストが高くな

る。通常の生産体制ではまず無理である。そこで、Appleが目を

付けたのが、電子機器の受託製造サービスの活用と、日本の生産

技術だ。



日本の高性能な工作機械を使い、細部までこだわる日本のものづ

くりを彼らのものとして、あの、美しいiPhone5が生まれた。

日本にあるものなのに、日本の誰もが行わなかったことを、Appl

eは行えた。



日本では携帯電話の寿命は短く、外装にこだわりや投資を行えな

い。短期間で収益を上げて、次の製品を出す、自転車操業的生産

が常識として浸透している。大量生産品にブランド品と同等の手

間をかけて作ることを発想する経営者は出なかった。



最後に、日本は市場を支える重要な役割を果たしていると位置づ

けていいのではと締めくくっている。紛れもなくiPhoneがこの世

に生まれたのは、日本の技術があったからこそだ。作れなかった

日本をものづくりの負けだと捉えるのではなく、iPhoneという

一大市場を作り出したことを誇るべきだ。






utunomiya1110_31_111





















★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!


スポンサーサイト

テーマ : iPhone5    ジャンル : 携帯電話・PHS

Comments

Leave a Comment