23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

自称クリエイティブディレクターの私が、相棒のMacBookPro15inchと共に、Netや新聞、本や、映画で見聞きした、知恵を綴ってまいります。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
地球の名言
知恵の宿る言葉は魂を成長させます。

presented by 地球の名言

楽天ウィジット縦
amazon商品一覧【ビジネス書】
自分を高めるには本が近道
気づきのつぶやき
Twitterで日々の気付きをつぶやきます。
プロフィール

paxs2

Author:paxs2
現在、勝手に社内クリエイティブディレクターとして、これまた勝手に、マーケティング全般を担当しています。主に、WebとDMを中心に活動中。絶対ブルーオーシャン戦略を成功させ、ウハウハ笑いの止まらない人生を送る為、日々ビジネスネタを書いています。時に愚痴も。

欲しい商品がいろいろと
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
05

Category: ライフハック

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今を生きた人
Steve Jobsはアグレッシブに「いま」と向き合うことを教えてくれた。




「いつか」ではなく「いま」
自分でチャンスを作らなけれ
ば、ことは起きないこれは、
Steve Jobs氏が教えてくれ
たことだ。Jobs氏について、
個人的な切り口から話をして
みたい。



ジャーナリストの松村太郎氏が、自身
の人生を新しい局面に持ち上げること
ができたきっかけを作ってくれたは、
スティーブ・ジョブズだと語ってい
る。

彼はそのうちな、高名なスティーブ・
ジョブズのプレゼンを生でみて、感想
を直接語りかけることが出来ると夢見
ていた、いつか必ず。

が、ご存知の通り、それは叶わぬ夢と
なった。そして、彼は「いつか」など
なく「今」しかないのだと知った。

その後、時を置かず日本を飛び出し、
ジョブズの、アップルの、生まれた地
アメリカで生きることにした。

人は「いつか」を言い訳にして「今」
をないがしろにする。しかし、未来を
掴むのは、「今」の積み重ねに他なら
ない。「今」何が出来るのか?を問い
かけ、「今」出来ることをやればい。

「いつか」と思いあぐねるほど、身に
余ることにとらわれることはない。

柄にもなく、改めてそんなことを考え
させられた、記事だった。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment