20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

自称クリエイティブディレクターの私が、相棒のMacBookPro15inchと共に、Netや新聞、本や、映画で見聞きした、知恵を綴ってまいります。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
地球の名言
知恵の宿る言葉は魂を成長させます。

presented by 地球の名言

楽天ウィジット縦
amazon商品一覧【ビジネス書】
自分を高めるには本が近道
気づきのつぶやき
Twitterで日々の気付きをつぶやきます。
プロフィール

paxs2

Author:paxs2
現在、勝手に社内クリエイティブディレクターとして、これまた勝手に、マーケティング全般を担当しています。主に、WebとDMを中心に活動中。絶対ブルーオーシャン戦略を成功させ、ウハウハ笑いの止まらない人生を送る為、日々ビジネスネタを書いています。時に愚痴も。

欲しい商品がいろいろと
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
24

Category: 写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nikonのイメージマーケッティングが功を奏すか?だけどちょっと違うかも?





CUBETOP


「つかめる!“高画質”CUBE」


H.264 HD超小型Encoder・Decoder


株式会社セイロテレコミュニケーションズ


※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。













2012年9月22日土曜日 23:11Nikon 「Nikon brand story」広告会議 : 広告×インターネット










「「涙」。それは、人間からあふれ出す究極の感情。その奥底にあ

る一瞬の物語に、ニコンのレンズはフォーカスする。」ということ

で、Nikonブランドサイト「Nikon brand story」が公開。北米・欧

州・アジアで撮影された涙の物語ムービーです。




欧米では根強いNikon人気があるようで、私の友人のそのアメリ

カの友人はかなりのNikonマニアだ。体のでかい彼らには、でか

くゴツゴツしたNikonのカメラに親しみを感じやすいのかもしれ

ない。



かく言う私も、そんなゴツゴツ、ゴリゴリ、のNikon好きで、Can

onに袖を引かれつつも、最後はNikonを選んでいる。モノとしての

作り込みがとても好きなのだ。



Nikonのカメラは、Fシリーズの華々し伝統故に、過酷な現場で確実

に撮影出来る強固で信頼の高いカメラだというイメージを持ってい

る。なんだか、寡黙で頑固な腕の良い職人のようなカメラなのだ。



そのせいか、どうしてもNikonはCanonに比べて、イメージ作りが下

手な気がしていたのだが、このムービーはかなり意欲的なイメージ

マーケティングだ。人と人との感動的なシーンを積み重ねる事で、

ヒューマスティックな映像の素晴らしさを伝え、それを作り出して

いるNikon製品の価値を訴えようとしている。



ただ、どうしても私が持つNikonのイメージとはかけ離れた感じが

し、違和感を感じている。このヒューマンで、リベラル、情緒的な

カメラ表現はCanonがふさわしい。と、思う。



丸みを帯びたボディと、メイン・サブダイヤルを使った洗練された

操作感。そして、Canon特有の細やかで華やかな画。それは、実に

優しく、優雅だ。今だポートレートや風景写真にCanonが多く使わ

れている事がその証拠だ。



だから、今の時勢の流れからこのイメージ動画を作ったとは思うが、

いっそのことNikonの(というかNikonFanの原点)に立ち返り、非常

に過酷な現場で泥と汗と、血と涙で伏せ返りながら写真を撮っている

瞬間のイメージ映像を作れば良かったのではないだろうか。



ちょっと、無理かもしれないけど、戦場カメラマンの半ドキュメンタ

リーとか、世界の秘境を旅する冒険家の道連れとか、貧困と争いの

中、ルポをする記者たちだとか彼らをクローズアップして、ショー

トムービーを作ったどうか。私など、往年のNikonを彷彿とさる映

像にやっぱり!Nikonと膝を叩くに違いない。



しかし、今の戦場カメラマンにしても、ジャーナリストにしても、

持っているカメラは以外とEOSが多くて、Nikonを探すのは苦労する

かもしれない。














ライカにあこがれて。





私的妄想ライカスナップ写真をご紹介しています。実はライカじゃ

なくて、シグマDP1やNikonD80だったりします。











★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル : 写真

Comments

Leave a Comment