20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

自称クリエイティブディレクターの私が、相棒のMacBookPro15inchと共に、Netや新聞、本や、映画で見聞きした、知恵を綴ってまいります。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
地球の名言
知恵の宿る言葉は魂を成長させます。

presented by 地球の名言

楽天ウィジット縦
amazon商品一覧【ビジネス書】
自分を高めるには本が近道
気づきのつぶやき
Twitterで日々の気付きをつぶやきます。
プロフィール

paxs2

Author:paxs2
現在、勝手に社内クリエイティブディレクターとして、これまた勝手に、マーケティング全般を担当しています。主に、WebとDMを中心に活動中。絶対ブルーオーシャン戦略を成功させ、ウハウハ笑いの止まらない人生を送る為、日々ビジネスネタを書いています。時に愚痴も。

欲しい商品がいろいろと
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
27

Category: 趣味

Tags: ---

Comment: 0  

一生ものとは?Macは毎年変えてるけどこれって一生もの?



自遊人 2012年 08月号 [雑誌]自遊人 2012年 08月号 [雑誌]
(2012/06/26)
不明

商品詳細を見る

いつものように本屋によったら、「一生ものと暮らそう」と表紙に

書いている雑誌に目がとまりました。


「自遊人」と言う雑誌でした。


この雑誌には関係ないのですが、男に産まれたからには、一生もの

に心が引かれます。常に手元にあり、心地よい使い心地を与えてくれ

る普遍の一生もの。憧れます。


今のところ自分の身の回りで一生ものと言えるのは、万年筆でしょうか。

奮発して買った、数万円のペリカンのスーベレーンです。まさに一生もの

の風格があり、持ったときの手触りの良さや、書いたときの雑妙の書き心地

にほくそ笑んでいます。


きっと、これからも気が向いてはたわいも無い日々の記録を書いていくこと

でしょう。ただ、可哀想なのが、もはや万年筆で文章を本格的に書くことも無く、

基本はMacで書いています。仕事はもちろん、私的な記録も基本はMacです。

万年筆で文章を書くときは、本当に趣味の世界です。


Blogのネタをまとめたり、様々なデザインのラフスケッチをするときは使って

いますが、最終的なまとめはMacなのです。


そう考えると、MacやiPhone、iPadなど、Apple製品こそ一生ものと言って

良いのではと思うのですが、これは宿命なのですが、デジタルガジェット

は、決定的に寿命が来ます。製品自体が毎年どんどん新陳代謝を繰り返し、

消耗品として代わってゆきます。


下手をすると、根本的な製品やサービス事態が消えてしまう可能性がある。

使いたくとも使えなくなる事があります。Palmみたいに。


それに、機械としての寿命も尽きてしまいます。ある程度大切に使い、

延命することも可能なのですが、数年後にはきっかり壊れたりします。

一生ものとして仲間に入れるには、少々問題がある気がします。


ただ、ノートや鉛筆など消耗品の文具でも一生ものとして呼ぶことが

あります。MOLESKINEのノートが有名です。私も使っていますが、

とても作り込まれた製品です。ノートなどは、確実に書いてしまえば

使えなくなります。一生ものなのに寿命が来ます。


MOLESKINEのノートが一生ものと言われるのは、使い切ったとしても、

同じクオリティのノートが、また手に入り、同じ感動を与えてくれる

からです。


そう考えると、製品として形や性能は違えど、同じApple製品の感動を

与えてくれるのならば、今使っているMacを買い換えて、新しいMacに

なったとしても、それはそれで十分一生ものなのかもしれません。


脈々と受け継がれる、コンセプト、魂、概念、価値観これこそが、

一生ものといわれる品々の代えがたい部分に違いありません。

それが、有りさえすれば、未来への長き命は保てるのです。

スポンサーサイト

テーマ : 雑誌    ジャンル : 本・雑誌

Comments

Leave a Comment