3
4
6
7
8
9
29
30
31
  07 ,2011

自称クリエイティブディレクターの私が、相棒のMacBookPro15inchと共に、Netや新聞、本や、映画で見聞きした、知恵を綴ってまいります。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
地球の名言
知恵の宿る言葉は魂を成長させます。

presented by 地球の名言

楽天ウィジット縦
amazon商品一覧【ビジネス書】
自分を高めるには本が近道
気づきのつぶやき
Twitterで日々の気付きをつぶやきます。
プロフィール

paxs2

Author:paxs2
現在、勝手に社内クリエイティブディレクターとして、これまた勝手に、マーケティング全般を担当しています。主に、WebとDMを中心に活動中。絶対ブルーオーシャン戦略を成功させ、ウハウハ笑いの止まらない人生を送る為、日々ビジネスネタを書いています。時に愚痴も。

欲しい商品がいろいろと
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
28

Category: 通信

Tags: ドコモ  KDDI  ソフトバンク  携帯電話  

Comment: 0  Trackback: 0

周波数帯争奪戦勃発!プレミアムバンドを誰が握るか。携帯各社の消耗戦。





Blogbar.jpg


「あなたの“智恵”をすべての人へ。」


PAX・Seminar・Serviceセミナー専用全国中継サービス


株式会社セイロテレコミュニケーションズ


※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。








携帯電話の周波数問題はなかなか頭の痛い内容らしくて、携帯各社

収益に結びつかない投資を強いられているようです。



日経産業新聞に出ていた記事なのですが、プレミアムバンドという

周波数帯があり、さほど高周波数帯ではなく、700・800MHzです。

それぐらいの周波数になると、信号を載せられる量は少なくなりま

すが、その代わり建物や障害物があっても回り込んでその先の携帯

電話に届きやすくなります。



GHz帯の高周波はその逆で、細かな波にたくさんの荷物をぶら下げ

られるけど、まっすぐすぎてぶつかると、すぐ折れてしまいます。

まあ、人間と似たようなものです。衛星とかは高周波数を使ってい

ます。



この周波数帯の割当が新しくなり、各携帯電話会社が悲喜交々、争

奪戦を繰り広げています。



ご存じの通り、ソフトバンクは電波が届かない、それは、この周波

数帯を持っていないこともあります。だから、今回必ず獲得すると

孫社長は気炎を上げています。獲得出来たら、今後2年間で1兆円を

設備投資する予定とのことです。



既にプレミアムバンドを持っていると言ってもさほどいいわけでなく、

ドコモやKDDIは今回の周波数再編でかなり割を食います。



プレミアムバンドの800MHz帯は、小刻みに割り当てられた結果、

送信と、受信の周波数が海外とは逆になっています。それを、今回

海外と同じ周波数にするため、ドコモとKDDIは2012年7月に向け、

周波数帯の移行作業を進めています。



ドコモの場合、800MHz帯は主に第二世代携帯電話(2G)に使用され

ており、サービスが終了後周波数入れ替えを行い、一部周波数帯を

返上する計画を立てています。



もっとも深刻なのはKDDIで、800MHz帯は現行の第三世代携帯電話

(3G)に使用されています。その利用者をいったん2GHzに移し、800

MHzを再編します。再編後新しい800MHzに対応しない携帯電話が

あり、それを入れ替えるために10年度、約700億円の投資をしまし

た。


ただ、KDDIは再編後、空いたプレミアムバンドを使い、「LTE」を

一気に展開し、攻勢に出る予定とのこと。他社に先駆けて、高速通

信と、急増しているデータ通信カバーを狙っています。



これだけ、プレミアムバンドの争奪戦が激化している背景には、

スマートフォンが急増したのに合わせ、通信量が急激に増えている

せいです。ドコモによると年2倍のペースで増えているとのこと。

また、KDDIは13年後半通信量はオーバーフローするのではと、危惧

しております。



要求の度合いが増えている携帯電話やモバイル通信業界。周波数の

陣取り合戦で敗れてしまうと、城を失い野に散る運命しか残らない、

過酷な消耗戦の様相を呈しています。











ライカにあこがれて。



私的妄想ライカスナップ写真をご紹介しています。実はライカじゃ

なくて、シグマDP1やNikonD80だったりします。




















★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!


スポンサーサイト