19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

自称クリエイティブディレクターの私が、相棒のMacBookPro15inchと共に、Netや新聞、本や、映画で見聞きした、知恵を綴ってまいります。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
地球の名言
知恵の宿る言葉は魂を成長させます。

presented by 地球の名言

楽天ウィジット縦
amazon商品一覧【ビジネス書】
自分を高めるには本が近道
気づきのつぶやき
Twitterで日々の気付きをつぶやきます。
プロフィール

paxs2

Author:paxs2
現在、勝手に社内クリエイティブディレクターとして、これまた勝手に、マーケティング全般を担当しています。主に、WebとDMを中心に活動中。絶対ブルーオーシャン戦略を成功させ、ウハウハ笑いの止まらない人生を送る為、日々ビジネスネタを書いています。時に愚痴も。

欲しい商品がいろいろと
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
25

Category: 映画、DVD

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アカデミー賞受賞作品は「アルゴ」








「つかめる!“高画質”CUBE」


H.264 HD超小型Encoder・Decoder


株式会社セイロテレコミュニケーションズ



※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。







ginza2013221_24








2013年2月25日月曜日 20:39第85回アカデミー賞の全受賞作品が決定 作品賞『アルゴ』、監督賞アン・リーマイコミジャーナル







第85回アカデミー賞受賞式が25日、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催された。 同授賞式の最大の目玉である作品賞を受賞したのはベン・アフレックが監督と主演を務めた『アルゴ』。




スピルバーグの「リンカーン」がノミネート数も多く、下馬評も高かったのですが、「アルゴ」が作品賞を受賞しました。地味な秀作のイメージがあったのですが、作品賞を取るぐらいですから、しっかりとした無骨な作品だったのでしょう。それに、アメリカのいい面を描いていたから、選考委員の受けも良かったのかも。



残念ながら監督賞のノミネートにベン・アフレックは選ばれませんでしたから、ダブル受賞はなりませんでしたが、彼の監督としても力量もこれで証明されたはずです。



きっと、アカデミー賞受賞作品として、再上映されるかもしれません。そのときは観に行きたいと思います。その前に「ゼロ・ダーク・サーティ」を観なければ。







ginza2013221_22


























★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!


スポンサーサイト

テーマ : アカデミー賞/映画賞関連    ジャンル : 映画

25

Category: 映画、DVD

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

次のスターウォーズはJJエイブラハムが監督!

















「つかめる!“高画質”CUBE」




H.264 HD超小型Encoder・Decoder




株式会社セイロテレコミュニケーションズ





※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。




















yoyogiDSC_4464









「スター・ウォーズ エピソード7」の監督はJ・J・エイブラムスに


















by Gage Skidmore 「スター・トレック」「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「M:i:III」などで知られるJ・J・エイブラムスが、「スター・ウォーズ エピソード7」の監督を務めることが明らかになりました。


スターウォーズの次回作が見たかった僕にとってはとっても嬉しい話です。
ただ、勢いがありすぎるJJエイブラハムだと、映画が大味になりやしないか
少し心配です。



yoyogiDSC_4457





































★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!





Posted from Drift Writer on my iPad

テーマ : スターウォーズ    ジャンル : 映画

21

Category: 映画、DVD

Tags: ヱヴァQ  特集  ジブリ  熱風  

Comment: 0  Trackback: 0

ジブリの「熱風」がヱヴァQ特集で手に入らないと悲鳴!かくして救いの手は!?








「つかめる!“高画質”CUBE」


H.264 HD超小型Encoder・Decoder


株式会社セイロテレコミュニケーションズ



※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。











funabashi2012126_68_kpax





2012年12月21日金曜日 18:41ヱヴァQ特集をPDFで無料配信、スタジオジブリ小冊子が人気で売り切れ多数のためGIGAZINE









スタジオジブリが発行している小冊子「熱風」の12月号の一部が、

無料でダウンロードされているとのこと。



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの特集をしたら、品切れになり手に

入らないと、意見が殺到したため、無料でダウンロードしてくれる

ようになったようだ。



ジブリの太っ腹には感謝。この小冊子「ジブリ汗まみれ」でたまに

鈴木プロデューサーが話していたが、一体どうしたら手に入るのか

判らなかった。



今回、ジブリのサイトからダウンロードできて、初めて読むことが

できる。iPadでじっくり読んでみるつもりだ。






funabashi2012126_67_kpax



















★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

14

Category: 映画、DVD

Tags: スーパーマン  リメイク  予告編  クリストファーノーラン  

Comment: 0  Trackback: 0

これはちょっとすごいかも!スーパーマンのリメイク『Man Of Steel』が空を飛ぶ!





CUBETOP


「つかめる!“高画質”CUBE」


H.264 HD超小型Encoder・Decoder


株式会社セイロテレコミュニケーションズ


※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。












2012年12月12日水曜日 18:17スーパーマンのリメイク『Man Of Steel』の予告編が公開中IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログtaguchi








IDEA*IDEA[百式管理人のライフハックブログ]で紹介されいてた、

スーパーマンのリメイク映画の予告。



乾いた映像に、ギリギリまで追い込んだ画角。それに、平凡な生活

の中で、超絶した生命がどれほど違和感を出し、それが、日々を

恐怖に苦しめるのかを、まざまざと見せつける演出。



この感覚は、どこかで見たなと思ったら、クリストファー・ノーラ

ンが製作・原案をしていた。バットマン・ダークナイトと同じ、

ヒーローが現実世界に対したときの、寂寥感と責任感の葛藤を強く描い

ている。



監督は、「300」や「ウォッチメン」などを撮った、ザック・スナ

イダー。この人とノーランだから簡単なヒーローものにはならない。

ただ、この人の映画は、映像は抜群に見せるのだが、映画として

今ひとつ食い足りない。今作品も予告編はいいけど...

とならなければいいのだが。



























★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!


テーマ : ★おすすめ映画★    ジャンル : 映画

03

Category: 映画、DVD

Tags: 007  スカイホール  映画の日  

Comment: 0  Trackback: 0

「007 スカイホール」を早速観てきた。始めの三分の一でこの映画の素晴らしさが凝縮している!て、後は?





CUBETOP


「つかめる!“高画質”CUBE」


H.264 HD超小型Encoder・Decoder


株式会社セイロテレコミュニケーションズ


※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。











tiba20121130_68_kpax





とにかく「007スカイホール」を観に行った。






映画の日。映画を観てきた。「007 スカイホール」






正直、ショーンコネリー以外の007はさほど好きでもなく、見たい

とも思わなかった。観ない映画の上位にランクされる優秀さだ。



が、今回は一にも二にも町山智浩氏が褒めていたので、見ることに

した。



さて、映画の感想だが、映画の前半三分の一がこの映画のすべてで有り、

これだけ見れば十分元を取ったといえる。と、思う。それほど、冒

頭のアクションは素晴らしかった。



身方を殺し、重要なモノを奪った敵を、雑踏の中、車やバイクで執

拗に追いかけるのだが、疾走感を一切落とさず、不要な動きを見せ

ず、徹底して映像の組み合わせで見せきる力量に舌を巻いた。



最後に、残念ながらあと一歩で逃げられてしまうのだが、その時、

007があるとこから落下するが、その落ち方にほれぼれした。何と

いう見事な落としかた。



その瞬間、007の上司Mの、微動だにしない姿のショットに切り替

わる。ああ、この監督は実にいい美的感覚と映像の的確なリズム感

を持っていると、小躍りしたことを覚えている。



本当に、ここまでで終わって欲しかった。



見終わった後から、いったいこれを撮った監督は誰なんだろう?

と思い、netで検索したら、あのアメリカン・ビューティーのサ

ム・メンデスだった。流れる映像に時折、鋭敏な真正面や真横の

ショットが入り、それが、とても美しかった。いい監督だなとた

のしんだ。



ただ、それ以降、つまり後半3/2は急速に失速したというか、本

来の知性派の面が出たというか、なにやらそう、モノトーンの脚

色に引っ張られて、それぞれの内面的葛藤劇に変わった。



もちろん、逃走劇や派手な銃撃戦もあるにはあるが、なにやらそ

れが、人間の愛憎劇を内面から描こうとする行為と相反し、酷く

失速した感がどうしても感じてしまう。



中盤の中だるみは正直きつかった。ちょっと睡魔に襲われた。

案の定、席の近くでは高いびきをかいている人がいて、なんだ

か気になってたまらなかった。いびきをかいたら退出みないな

規制はないものだろうか?と、真剣に思った。



最後、Mをつれてあるところに007が逃避し、そこで、敵の

全員と銃器、ヘリまで出て最後の大銃撃戦を迎えるわけだが、

それにもかかわらず、数名の個人的愛憎劇を、延々と見せ続け

られた気がして、目の前で行われているだろう、滑舌の良い活劇に

酔いしれることは無かった。



また、内面を描くのならば、この作品で重要な、信頼されたものか

らの裏切り、しかし、捨てきれない苦しさ。その精神的葛藤が、

もうすこし丁寧に描かれてもいいのではないかと思う。



007があることで、一時期MI6から雲隠れするのだけど、再び戻

る部分と、その時の内面的葛藤をもっと丹念に描けば、実は同じ

境遇にあった今回の敵との、共通点と反対面が浮き彫りになって、

もっと見応えのあるものになったのではないだろうか。



ただ、役者の演技は素晴らしかった。特にハビエル・バルデム。

中盤を過ぎいよいよ登場するのだが、エレベータが開き、そこから

圧倒的な一人芝居。今までの苦悩と、悪への誘いを変幻自在に入れ

替わる表情と、優雅にはためく手を使い、私たちに語りかける。



なんと言っても、目の演技がすごかった。この人、こんなに演技が

上手かったのかしらんと、驚いた。演技と言えば英国人と思い込ん

でいた私が浅はかだった。そう言えばこの映画では、メインで演じ

る役者の中では、彼は唯一の英国人以外。ひとえに彼の演技力が

認められ、選ばれたのだろうと、十分推測される。



これはあくまでも個人的な思いなのだが、監督の力量は悪くないと

して、脚本が今一歩ぎくしゃくして、全体を通して、物語を円滑に

流してはいなかったのではないか。一つの物語が次に移るとき、全

く流れが途絶えてしまい観てる方が面食らう場面が多かった。また、

秘密兵器として渡されたものも、少し食い足りなく、もっと捻って

使い道を考えてくれても良いのじゃ無いか。それぐらい、やっつけ感

があった。




まあ、いろんな事を書いたが、人それぞれ。それに、冒頭にも書い

たが、始めの追跡劇を観るだけでも十分価値があると思うよ。それ

に、主題歌がなんたって、アデル!!これも必聴。いい。









tiba20121130_60_kpax















★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。


人気ブログランキングへ←クリック!


テーマ : 映画館で観た映画    ジャンル : 映画